Cookieを有効にする方法と削除する方法|IE・Edge・Firefox・Chrome・iPhone

ef37b2062bfd1c3e815d4206e4484e8be273e4d51db2184893f8

PCを使い始めて色々なWEBサービスを利用していると、そのサービスの推奨環境に『Cookie』を有効にすること。と記載されていることをよく見かけるようになります。

ですが、日常生活を送っているだけの人にとっては、Cookieという言葉はあまり馴染みがないため、どうしたら良いのか分からくなってしまうと思います。

そこでこの記事では、Cookie(クッキー)を有効にする方法と削除方法について画像付きで詳しく解説していきます。

SPONSORED LINK

Cookieとは?

最初に『Cookie』とはどういったものなのか簡単に説明しておきます。

まずCookieの読み方は、クーキーではなくクッキーです。当然お菓子のクッキーとは全く別のものになりますので間違えないようしてください。

Cookieとは簡単に言うと、Webサイトを提供している人が、Webブラウザを通じて訪問した人のPCに一時的にデータを書き込んで保存させる仕組みのことです。

分かりやすい例で言うと会員サイトでログインする時です。

ログインする時は、メールアドレスやパスワードの入力が必要になりますが、一度ログインすればログアウトしない限り、メールアドレスやパスワードのを入力しなくてもログイン状態が維持されますよね。

ですが、Cookieを無効にしていたり削除してしまうと、この状態が維持されず再度メールアドレスやパスワードの入力が必要になってしまいます。

便利な機能なのですが、ログイン状態にしておくとセキュリティ面で危険性が高まってしまったり、Cookieを削除した時に、パスワードやメールアドレスをメモしていなかったり、記憶に残っていないと最悪そのサイトには一生ログイン出来なくなってしまうのです。

Cookieは非常に便利な仕組みですが、そればかりに頼りすぎないように注意してください。

SPONSORED LINK

Cookieを有効にする方法と削除する方法

それぞれのWebブラウザでCookieを有効にする方法、削除する方法を画像付きで解説していきます。

Internet ExplorerのCookieを有効にする方法

ここではIE10を使って解説を進めていきますが、11でも操作方法はあまり変わりません。

無題

Internet Explorer11のブラウザを開いたら、右上にある『歯車のアイコン』をクリックして『インターネットオプション』を選択してください。

cats

インターネットオプションを開いたら上にあるタブから『プライバシー』を選択してから『詳細設定』をクリックしてください。

cats

プライバシーの詳細設定を開いたら最初に『自動Cookie処理を上書きする』にチェックマークを入れてください。

すると、ファーストパーティのCookieとサードパーティのCookieの項目がクリックできるようになりますので、それぞれ『承諾する』を選択してください。

次に『常にセッションCookieを許可する』をクリックしてチェックマークを入れたら、最後に『OK』を選択してください。

cats

インターネットオプションのタブでも同じく『OK』を選択してください。以上で、Internet ExplorerでCookieを有効にする作業は終了となります。

Internet ExplorerのCookieを削除する方法

続いてInternet ExplorerのCookieを削除する方法を解説していきます。

無題

Internet Explorerのブラウザを開いたら、右上にある『歯車のアイコン』をクリックしてください。

次に上から4番目にある『セーフティ』を選択してから『閲覧履歴の削除』をクリックしてください。

cats

閲覧の履歴の削除を開いたら『クッキーとWEBサイトデータ』にチェックマークを入れてから『削除』を選択してください。

以上でInternet ExplorerでCookieが削除されました。

FirefoxのCookieを有効にする方法

Firefoxはデフォルトの設定だとCookieが有効になっているので、わざわざ変更する機会はないと思いますが、無意識の内にCookieを削除してしまった方は設定を見直しておきましょう。

無題

Firefoxのブラウザを開いたら上のメニューバーから『ツール→オプション』の順に選択してください。

メニューバーが表示されていない場合は、ブラウザ上部の何もない部分で右クリックして『メニューバー』にチェックマークを入れてください。

無題

次に左のメニューから『プライバシー』を選択してから、履歴の項目にある『記憶させる履歴を詳細設定する▼』を選択してください。

cats

最後に『サイトから送られてきたCookieを保存する』をクリックしてチェックマークを入れてください。以上でFirefoxでCookieを有効にする作業は完了となります。

FirefoxのCookieを削除する方法

Firefoxでは、Cookieを全て削除する方法と、自分が選択したCookieのみを削除する方法があります。まずは、全てのCookieを削除する方法から解説していきます。

全てのCookieを削除する方法

cats

Firefoxのブラウザを開いたら上にあるメニューバーから『履歴→最近の履歴を消去』の順にクリックしてください。

cats

消去する履歴の期間が『すべての履歴』になっていることを確認し、消去する項目の『Cookie』をクリックしてチェックマークを入れてから『今すぐ』消去を選択してください。

これでFirefoxに保存されているCookieが全て消去されました。

特定のサイトのCookieを削除する方法

無題

Firefoxのブラウザを開いたら『ツール→オプション』の順にクリックしてください。

無題

次に右メニューから『プライバシー』を選択してください。

プライバシーの履歴の項目を『記憶させる履歴を詳細設定する▼』に切り替えてから、Cookieに保存する期間を『サイトが指定した期間まで▼』に変更し『Cookieを表示』をクリックしてください。

cats

Cookieの画面を開くと、保存されているCookieが全て表示されますので、削除したいCookieを選択し『選択されたCookieを削除』をクリックしてください。

Google ChromeのCookieを有効にする方法

cats

最初にChromeのブラウザを開いたら、右上にある『横三本線のアイコン』をクリックし、下から三番目にある『設定』を選択してください。

設定を開いたら、一番下にある『詳細設定を表示…』をクリックしてください。

cats07

プライバシーの項目にある『コンテンツの設定』をクリックしてください。

cats08

コンテンツの設定を開いたら、Cookieの項目にある『ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)』を選択してください。

最後に右下の完了をクリックすれば、Cookieが有効になります。

Google ChromeのCookieを削除する方法

cats

最初にChromeのブラウザを開いたら、右上にある『横三本線のアイコン』をクリックし、下から三番目にある『設定』を選択してください。

設定を開いたら、一番下にある『詳細設定を表示…』をクリックしてください。

cats07

プライバシーの項目にある『コンテンツの設定』をクリックしてください。

cats09

コンテンツの設定を開いたらCookieの項目にある『すべてのCookieとサイトデータ』のボタンをクリックしてください。

cats10

最後に右上にある『すべて削除』のボタンをクリックすると、Chromeに保存されているCookieが全て削除されます。

iPhoneのCookieを有効にする方法

iPhone=Safariという前提で解説を進めていきます。

IMG_0368

最初にホーム画面から『設定』のアイコンをタップしてください。

IMG_0369

続いて設定の項目にある『Safari』をタップしてください。

IMG_0370

プライバシーとセキュリティの項目にある『Cookieブロック』をタップしてください。

IMG_0373

COOKIEとWEBサイトのデータの中にある『常に許可』を選択してください。

以上でiPhoneでCookieを有効にする作業は完了です。

デフォルトで『訪問したWebサイトを許可』となっている場合は、わざわざ『常に許可』にするメリットはないかもしれません。

iPhoneのCookieを削除する方法

iPhone=Safariという前提で解説を進めていきます。

IMG_0369

Cookieを有効にする時と同じく、ホーム画面から『設定→Safari』と進んでください。

IMG_0374

続いてSafariの中にある『履歴とWebサイトデータを消去』をタップしてください。

消去すると、履歴、Cookie、その他のブラウズデータが削除されます。と警告が表示されますので、問題がなければ『履歴をデータを消去』をタップしてください。

Microsoft EdgeのCookieを有効にする方法

Microsoft Edgeは、Windows10のみに搭載されているIEの後継ブラウザです。シンプルで使いやすくなりましたが、歴史が浅いため使い方に困ってもインターネットで解決出来ないことが多々ありますね。

Cookieを有効にするには、まずMicrosoft Edgeのブラウザを起動させてください。

cats

起動させたら、Microsoft Edgeのブラウザ右上にある『設定メニューのアイコン(・・・)』をクリックしてください。

cats01

設定メニューを開いたら、一番下にある『設定』をクリックしてください。

cats02

設定の画面を一番下までスクロールし『詳細設定を表示』をクリックしてください。

cats03

詳細設定の中にある『クッキー』の項目を『クッキーをブロックしない』に変更してください。

以上でMicrosoft EdgeでCookieを有効にする作業は完了です。

Microsoft EdgeのCookieを削除する方法

最初にMicrosoft Edgeのブラウザを起動させてください。

cats

起動させたら、Microsoft Edgeのブラウザ右上にある『設定メニューのアイコン(・・・)』をクリックしてください。

cats01

設定メニューを開いたら、一番下にある『設定』をクリックしてください。

cats04

設定の中にある閲覧データのクリアの項目から『クリアするデータの選択』をクリックしてください。

cats05

閲覧データのクリアを開いたら『クッキーと保存済みのWebサイトデータ』をクリックしてチェックマークを入れてから『クリア』をクリックしてください。

最後に『すべてクリアされました』というメッセージが表示されたら、Cookieの削除は完了です。

最後に

この記事ではこれでもか。というくらい画像付きで分かりやすく解説しました。

ですが、操作はどのブラウザも似通っているため、1つのブラウザでCookieの有効、削除方法を覚えてしまえば、他のブラウザでも応用できると思います。

Cookieを有効にするのは特に注意する必要はありませんが、削除してしまうと各サイトでのパスワード、メールアドレスの入力履歴が消えてしまいますので、削除する前に重要な情報はしっかりメモに残しておきましょう。

もう1つ新しいことを覚えてみませんか?

SPONSORED LINK
ef37b2062bfd1c3e815d4206e4484e8be273e4d51db2184893f8

ABOUTこの記事をかいた人

都内近郊に住むアラサー男子

神奈川在住の27歳男。2016年2月に開業届を提出し新たな人生を歩んでいます。ゆかね(床寝)ではその分野の初心者でも理解しやすい文章を心掛けています。サイト名の由来はその昔5年以上布団を敷かず床で寝ていたところから。深い意味はありません。